西アフリカ

コートジボワール共和国(Republic of Cote d'Ivoire)

2021年11月8日

コートジボワールはギニア湾に面する国家、西アフリカの中心的国家です。大航海時代にヨーロッパの貿易船が象牙の売買を行ったため象牙海岸と呼ばれていました。コーヒーやカカオ豆の生産が盛んで、カカオ豆の生産量は世界一です。

地図

概要

国名コートジボワール共和国
Republic of Cote d'Ivoire
首都ヤムスクロ(法律上)
アビジャン(行政上)
人口2,808万人(2021年)
面積322,436km2(世界67位)
人口密度87人/km2
通貨CFAフラン(XOF)
公用語フランス語
政治体制共和制
建国年1960年(フランスより独立)
ドメイン(ccTLD).ci

主要都市

都市名人口備考
アビジャン470万人コートジボワール最大の都市かつ
西アフリカ代表的な都市
ブアケ53万人コートジボワール第2の都市
ヤムスクロの北に位置する
ヤムスクロ35万人法律上の首都
ダロア31万人ヤムスクロの西に位置する
コロゴ(コルホゴ)28万人ブアケの北に位置する

人口は2014年時点のものです。

主要観光名所

名所所在地メモ
セント・ポール大聖堂アビジャン特徴的な形の大聖堂
グランドモスクアビジャン青いドームが特徴的なモスク
平和の聖母聖堂ヤムスクロ世界最大の教会
コモエ国立公園ブナ/フェルケセドゥグ世界遺産 西アフリカ最大の国立公園

コートジボワールってどんな国?

  • 日本から四国が無いぐらいの面積に63もの民族が暮らす国
  • 世界の生産量の35%占めるカカオ豆の最大の生産国
  • 西アフリカ最大のコーヒー生産国
  • 昔はIvoryCoast(象牙海岸)と呼ばれた

-西アフリカ
-,