東南アジア

東ティモール民主共和国(The Democratic Republic of Timor-Leste)

東ティモール国旗

東ティモールは東南アジアにあるティモール島の主に東側を主要領土とする国です。2002年にインドネシアより独立したばかりの新しい国です。石油や天然ガスの輸出が主要産業でGDPの8割を占めています。

地図

概要


国名
東ティモール民主共和国
The Democratic Republic of Timor-Leste
首都ディリ
Díli
人口約 132万人(2020年)
面積15,007km2(世界154位)
人口密度88.7人/km2
通貨米ドル(USD)
公用語テトゥン語、ポルトガル語
政治体制共和制
建国年2002年(インドネシアより独立)
ドメイン(ccTLD).tl

主要都市

都市名人口備考
ディリ
Díli
22 万人首都
バウカウ
Baucau
1.5 万人
ロスパロス
Lospalos
1.2 万人
マナトゥト
Manatuto
0.4 万人

人口は2015年時点のものです。

主要観光名所

名所所在地メモ
クリスト・レイディリ巨大なキリスト像(全長27m)
レジスタンス・ミュージアムディリ独立戦争の歴史の博物館
タイベシマーケットディリローカルな市場

東ティモールってどんな国?

  • メラネシア人が国民の大半を占める
  • 国民の99%がキリスト教徒
  • 伝統織物「タイス」が有名
  • サッカーがさかん
  • 経済の8割を石油と天然ガスに依存しており、IMFは「世界でもっとも石油収入に依存した経済」と称している

-東南アジア
-